Thread Rating:
  • 0 Vote(s) - 0 Average
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
Introduction (Japanese)
#1
TKOVERKILLについて
TKOVERKILLへようこそ。 TKOVERKILL は東京を拠点とし、エアーソフト(サバイバルゲーム)を楽しむための集まりとして2006年に結成されました。現在3週間に1度の割合で東京近郊でゲームを開催しています。我々の行うゲームの内容、シナリオはバラエティに富んでおり、さらに参加者がゲームを楽しむことを一番重要視しています。ルールを守り、我々と一緒にゲームを楽しんでくれるメンバーの参加は常に歓迎します。

ゲームスタイル
様々なバックグラウンドから、様々なプレイスタイルの人たちが集まり、非常に内容の濃いゲームを展開しています。外国人の方も非常に多数参加しており、英語が飛び交う状況はさながら多国籍軍の戦闘のようです。英語ができない方でもご安心ください。バイリンガルの方が通訳してくれたり、ハンドサイン、ボディランゲージで問題なくゲームは進行可能です。
我々は極度の軍事マニアであったり、適当に撃ちまくって楽しんでいるだけの集団でもありません。ある程度の戦略を立てて敵を攻略したり、弾数を限定してプレイするなど、軍事的側面を残しつつもゲームを楽しむことを一番にプレイしています。

信条
「楽しく、安全、公平に」 この3つの項目はどれも非常に重要で、そのどれか1つが欠けるということもありえません。この信条に共感を抱き、一緒にゲームに参加していただける方であれば人種、国籍、宗教、性別に関係なく歓迎します。

「楽しく」
完全装備に身を固めた友達を追いかけ回して、狙い定めて、そして撃つ。また、逆に狙われ、反撃し、、、これ以上の興奮とストレス発散方法がありますか?無いからゲームに参加するんですよね?楽しむことが一番です。

「安全」
何より重要です。怪我をして嫌な思いをしないためにも、安全装備を心がけ、ルールを守りましょう。

「公平」
フェアープレーの精神は非常に重要です。問題のあるメンバーには、我々は躊躇せず警告を発し、TKOVERKILL が主催するゲームへの出入り禁止措置を取ることもありえます。エアーソフト(サバイバルゲーム)はご存知のように、お互いの信頼があって始めて成り立つ遊びです。ペイントボール(インク入りの弾を撃ち合うゲーム)とは違い、BB弾が当たっても証拠は残りません。当たった、当たってないの判断はそれぞれのプレーヤーに委ねられます。

このような判断が望まれます
1. 撃たれても恥じたり、極端にくやしがったり、不幸に感じたりしないこと
2. 相手もがんばって貴方を撃とうとしているのですから、当たったかな?と思ったらHITを宣言してあげましょう
3. どこから撃たれたか分からない場合でも、弾があたったらHITを宣言しましょう

参加を希望される方へ
複数で参加される方は必ずそのグループの代表を決めてください(グループの代表=Group Representative=GR )
1. 代表はそのグループの責任者となり、TKOVERKILLやグループ内の連絡を伝える役目も担います。途中で代表を辞退する場合、当日不参加となる場合などは必ず代理の代表を指名してください
2. プレー内容に問題がある人を見かけた場合、まずは自分のグループの代表の方に連絡をお願いします。その後、代表同士で話し合いを持ち、処分を決定します。
3. 以上のように、グループの代表の方は様々な場面でグループを取りまとめ、また積極的に活動していただく必要があります。


Forum Jump:


Users browsing this thread: 1 Guest(s)